【大会結果】全国高校総体レスリング競技県予選

1
  • 2

【大会結果】

5月15日(日)釜利谷高校で開催されたインターハイ予選の結果をお知らせいたします。学校対抗戦は、2年連続の優勝を目指した日大藤沢高校が決勝で3-4で敗れ連覇ならず、磯子工業高校が3年ぶり7回目の優勝を飾りました。個人対抗戦では、51kg級:山本(日大藤沢)、65kg級:瀧澤(慶応)、71kg級:大田(日大藤沢)、80kg級:永池(磯子工)の4名の1年生チャンピオンが生まれ、8階級中4階級を磯子工、2階級を日大藤沢、慶応がそれぞれ制しました。優勝校、各階級優勝者は、8/1~高知県で開催されるインターハイに出場します。また、閉会式終了後、国際大会に出場する4名の選手の壮行会が行われました。

<日本代表>

竹内美保子(日大藤沢):U17世界選手権(7/25~31 イタリア・ローマ)

瀧澤勇仁(慶応):U17アジア選手権(6/19~26 キルギス・ビシュケク)

岡澤ナツラ(慶応): 〃

岩﨑和志(磯子工): 〃

 

高体連レスリング専門部

  • 2022/05/15

 ◄ 20225 ► 

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
上へ戻る